介護施設看護

介護施設での看護業務について説明していきます!

介護施設での看護は医師が常勤していない場合が多く、病院などの医療施設とは携わる看護業務に違いが生じてきます。

 

高齢者の増加が著しい現代社会では、今後も介護施設の増加はみられますし、それに応じて看護師の必要性も高くなってきます。

 

ですから介護施設での看護師の役割を知って、好条件を施設側に提示しても折り合いをつけてくれる求人は多いです。では介護施設での看護師の役割を説明します。

 

 

介護施設での看護師の役割とは

主な介護施設での看護師の役割としては、医師が常勤していないため、主治医の指示の下での処置が重要です。

 

状態に変化があれば主治医に相談し、処置の変更が必要か上申することがありますし、ご家族への連絡も必要になるでしょう。

 

また、介護施設で安全かつ健康に過ごしていただくために、血圧や脈拍などのバイタル管理や利用者の日常生活動作の支援も重要な仕事です。

 

 

もし、動作時の介助量が増加してきていたり、転倒などの危険があるなどの変化が見られたときは、他のリハビリスタッフや介護士とも意見交換し、療養上の介護の仕方についても検討していく必要があるでしょう。

 

 

日中を過ごしていただくにあたって気づいた変化や健康状態の変化などは、ご家族様とも意見交換を行って、自宅での安全に配慮する事も必要です。